coni-coniバイヤーブログ

コスメコンシェルジュが30代40代のためにセレクトした美容通販ショップConiConiバイヤーのスタッフブログ

冬のお風呂。注意することは?

こんにちは!
こないだまで暖かかったのにすっかり冬ですね
お風呂が恋しくなる季節にもなりましたよね?
土曜日の朝、サタデープラスとういう番組で
「10万人の医師にアンケート!」のコーナーでお風呂のことが
やっていたので、紹介したいと思います
ホットタブのページやこのブログでも何度か書きましたが、
熱い湯での入浴は本当に危険です
入浴中の突然死者は年間1万7000人。
その中で最も多いのが12月と1月なんだそうです。
その原因は温度差によって血圧が急上昇することです。
そんな危険な事故を軽減させる対策が取り上げられていました。
▼ドクターオススメの入浴方法ランキング▼
1位:浴室と脱衣所の温度差をなくす
2位:心臓への負担を軽減させるために、足先からゆっくりと入る
3位:お湯の温度は41℃までにする
4位:熱い湯に首まで浸からない
5位:血圧の上昇を防ぐために、かけ湯をしてから湯船へ
脱衣所にミニヒーターを置いたり、シャワーを使って浴槽に湯をためるなどして
対策をした方が良さそうですね💦
あるドクターがお風呂の裏技を紹介していましたが、
「炭酸入浴剤」を入れると実際のお湯の温度よりも
1~2℃温かく感じる!と言っていました!
それは血管が拡張されて、血流が良くなるからと言ってました。
これはまさにホットタブのことだ~と思いながら観ていました。
ホットタブのコンセプトはズバリ
「ぬるいお湯でも驚くほど温まる!」です
今まで42℃以上のお風呂に入っていた方は、ぜひ今日から見直してみて下さい
ちなみに熱いお湯はお肌もカサカサになりますよ
湯船に入りながら歯磨きをすると唾液がいつもよりもたくさん出て、
「パロチン」が分泌されやすくなるそうです。
パロチン=美肌ホルモン
hottab.jpg
はぁ~
いつ見てもカワイイwww
美容コラム更新しました
今回のテーマは
↓↓↓
shutterstock_257804422.jpg
ぜひ読んでみて下さいね
では、また☆
のん