coni-coniバイヤーブログ

コスメコンシェルジュが30代40代のためにセレクトした美容通販ショップConiConiバイヤーのスタッフブログ

パンパシ水泳へ行ってきました!

皆さん、こんにちは。

お盆休みいかがお過ごしですか?

 

私は8月11日海の日に

パンパシフィック水泳選手権大会2018へ行ってきました。

f:id:coni-coni:20180813104527j:plain

東京辰巳国際水泳場f:id:coni-coni:20180813104743j:plain

スイミングを習っている子供たちも沢山観に来ていましたよ!

目指せ未来のオリンピアン☆

f:id:coni-coni:20180813104757j:plain

 

大会風景はこんな感じです。

右から4番目の池江選手、この後日本新記録で優勝☆

f:id:coni-coni:20180813105317j:plain

 

f:id:coni-coni:20180813105340j:plain

 

この写真には萩野選手と瀬戸選手が!

f:id:coni-coni:20180813105303j:plain

 

選手の表情やコメントから

チームの雰囲気の良さを感じました。

個人競技であって

個人競技でない雰囲気って言うんですかねー?

切磋琢磨している感が伝わりました。

皆さん、素敵です!

 

 

水泳は体に負担をかけずに

全身の筋肉を使うので

スポーツクラブでも人気がありますよね。

 

プールでの運動は

陸上の運動に比べて水による

温度の上昇を防いでいるので

疲れが感じにくくなるそう。

 

しかし陸上に上がった後、

体温上昇とともに疲れを一気に感じてしまうんだとか。

 

国際大会やオリンピック対応のプールは塩素ではなく

オゾンで殺菌すると定められているそうですが、

一般的なプールは殺菌のために塩素が入っているため

全身で塩素を吸収してしまうので

人によってはそれだけで体が疲れて

しまうという話も聞いたことがあります。

 

ちなみに塩素濃度を0.4ppm~1.0ppmに保っているそうです。

遊泳用プールの衛星のページ(厚生労働省)

 

 

プールで遊んだ(泳いだ)あとは

塩素を落とし、めぐりを良くするために

お風呂に入ることをお勧めします。

※家庭用の水道水も塩素レベルは同等

ベビタブで塩素除去をし、

重炭酸イオンで血行UP。

大人も子供も元気に回復しましょー。

 

f:id:coni-coni:20180813121055j:plain

www.babytab.coni-coni.com

 

 

 

ConiConiスタッフ